Column

理想的な噛み合わせ

一見、きれいな歯並び。でも、噛み合わせは別の話です。
ご自分の歯を一生守っていきたいと考えるなら、「噛み合わせ」について、最低限の知識が必要です。
むし歯と歯周病は感染症なので、歯みがきやフッ素、そして、食生活などで管理します。
  1. aキチンと歯みがきをしている
  2. b甘いものをあまり取らない
  3. cタバコも吸わない

それでも、むし歯や歯周病になりやすい、歯がしみる、そんな方は、噛み合わせに問題があるかもしれません。
噛み合わせは実に複雑でこんな1ページで語れるほど簡単なことではないのですが、基本的な形式を、知っているだけでも、非常に役に立つので、コラムとしてここでお話しさせていただきます。

「理想的な噛み合わせ」を見るポイントはたった2つ

初めにポイントを言うと「ポステリア サポート」「アンテリア ガイダンス」の2つです。
この2つが確立されている噛み合わせはそうでないものより、歯の寿命を大きく延ばせます。
まず、「ポステリア サポート」、和訳すると「後方支持」となります。
両側奥歯の上下がきちんと噛み合っていること、これがポステリア サポートの条件です。
理想は小臼歯、大臼歯のすべてが噛み合っている状態です。
比較的若く、歯の欠損がほぼない場合はポステリア サポートの条件は満たしていることが多いです。
「奥歯でしっかり噛めないと、前歯に負担がかかって、前歯が悪くなる」これはイメージがつきやすいのではないでしょうか。

矯正治療はアンテリア ガイダンスを得るのが最大の目的

「アンテリア ガイダンス」は和訳すると「前方誘導」です。
下顎を前後左右に動かし、上下の歯同士をギリギリしたとき、どの歯がよく当たるでしょうか?
理想的なのは前歯だけしか当たらない状態で、これをアンテリア ガイダンスが取れていると表現します。
アンテリア ガイダンスの条件を満たしていないと、奥歯に横揺れの過大な力がかかるため、クラックや修復物の変形脱離が起こりやすく、むし歯や歯周病、歯牙破折のリスクが高くなります。
矯正治療の目的は、患者さんの立場からすると見た目が1番かもしれませんが、歯科医の立場から、歯の長持ちを考えると、アンテリア ガイダンスを獲得することが何より重要なのです。

主訴 前歯をきれいにしたい 診断 叢生を伴う顕在的病的咬合
矯正方法 小臼歯4本抜歯を伴うマルチブラケット 矯正期間 30か月
費用 矯正70,8000円(税別)
修復補綴 1,500,000円(税別)
調整料 月1回 5,000円(税別)

治療前

  • 奥歯が干渉している状態

治療後

  • 犬歯のみでガイドしている状態

矯正を伴う咬合再構成を行った患者さんです。アンテリア ガイダンスが取れるようになりました。