Treatment flow

無料カウンセリング

顔貌と口腔内診査より、あなたにあった矯正治療の概要を説明します。 当院での治療例をお見せして、仕上がりの目安を共有し、治療期間や費用を概算します。

治療の流れ

  • Step01矯正歯科治療前検査

    矯正歯科治療において、何より大切なのが、ゴールの設定です。
    目的地なしで航海には出られません。そのゴールを設定するためにいくつかの検査が必要になります。顔貌と口腔内の写真、歯型から作る石膏模型、レントゲン各種などです。

    セファログラム
    現状とゴールを設定するのに重要な検査です。
  • Step02矯正歯科治療計画説明

    検査結果より診断を行い、治療計画を立てます。主訴を加味した専門的見地でいくつかのパターンからの選択になります。このとき、歯を抜く、抜かない、矯正装置選択を行います。

    セットアップ模型
    模型の歯を切って、並べ替え、ゴールを予想し、治療計画を決定します。

    クリンチェック
    マウスピース矯正のときに使用する診断用ソフトです。精密な治療計画を立てられます。

  • Step03矯正装置装着(動的治療開始)

    歯を動かす装置を装着して、矯正歯科治療を始めます。唇側に装置を貼る場合は比較的早期に開始できます。マウスピース矯正、舌側に装置を貼る場合は装置作製に1~2か月かかります。
    また、矯正治療を始める前に親知らずの抜歯が必要な場合があります。動的治療が開始したら、1か月に1回の受診になります。

    • マルチブラケット装着
    • マウスピース型矯正
  • Step04矯正装置除去(動的治療終了)

    歯並びが目標の位置に来たら、動的治療終了です。矯正装置の除去になります。マウスピース型矯正(インビザライン)の場合は、目標の位置まで動かすのに、数枚のマウスピースを使用し動かしていきます。

    ※矯正装置には、様々な種類がありますが、治療が終了するまでに、症状に合わせて、当院へお越し頂き経過観測や調整、クリーニングを行います。

  • Step05保定(メインテナンス)

    動的治療が終わったら、保定が必要になります。保定とは歯をその位置に留めておく処置です。歯に固定するものと取り外し式のものがあります。矯正後の歯は元の位置に戻ろうとする力がかかります。少なくとも動的治療と同期間は保定が必要です。

    保定装置
    基本は上顎が取り外し式で、下顎は固定式です。食事のとき以外常時の装着が必要です。