Maxillary protraction

★が多いほど悪くなります(3段階)。

見た目 ★★★
歯の寿命への影響 ★★
噛みにくさ
治療難易度 ★★
上顎前突は見た目に大きな影響を与えるため、悩んでいる方が多い歯並びです。

上顎前突とはいわゆる「出っ歯」のことです。
見た目の訴えとして最も多い歯列になります。下顎に対して上顎が前方へ出ているもの、上顎の前歯が前方へ位置しているもの、歯が前方へ傾斜しているもの、これらを総称します。重度になると前歯がしっかり噛まないため、奥歯の寿命に悪影響が出たり、口が閉じにくい、噛みにくいなどの症状が出たりします。

日本人に多い噛み合わせで
4~5人に1人

実際は上顎が出ているというより、下顎が引っ込んでいる場合が多く、診査診断が重要になります。いずれにしろ、上顎前歯はその人の印象を大きく左右します。見た目に関しても、最も影響がある歯列と言えます。上顎前突は叢生を併発していることが多いです。
「出っ歯でありながら、凸凹もある状態、それでいて、前歯をきれいに引っ込めたい。」
これが最も抜歯矯正の適応になります。

  • どのような噛み合わせでも、前歯が噛んでいないものは奥歯を失うリスクが非常に高くなります。
  • 歯周病が併発すると、経時的に前歯の前突は重度になり、歯と歯の間に隙間ができるようになります。

治療後のインパクトはNo.1

上顎前突の矯正治療は最も見た目が改善します。口元の与える印象は間違いなくNo.1でしょう。上顎前歯の不正で思い悩んでいる人はたくさんいます。まだ、あきらめていない人、あきらめようと自分に言い聞かせて、思いを封じている人、気にならないと思おうとしている人、矯正のハードルは決して低くないですが、人生を良化する威力があるのも本当です。様々な装置を使って、時間を少々いただければ、20mm以上前歯の切端を引っ込めることができます。

上顎前突の治療方法

上顎前突の治療方法は大きく分けて2つあります。

小臼歯を抜歯したスペースに前突している前歯6本を 後方へ下げて、出っ歯を治す方法

適応は本当に上顎前歯が前方に出ていて、大きく引っ込める必要もしくは希望がある場合です。ポピュラーな方法で、出っ歯で悩んでいる方はこちらになります。最大限引っ込めるときは矯正用インプラントを使います。

下顎の位置を前に誘導する方法

上顎前突ではなく、実は下顎劣成長症例に適応します。
出っ歯に見えるのが、上顎と下顎のアンバランスが原因で、下顎が下がっている場合は非抜歯で行うことができます。

上顎前突の症例

Case01凸凹と出っ歯を改善した症例

主訴 凸凹と出っ歯を治したい 診断 左側アングル2級、右側アングル1級叢生を伴う上顎前突
矯正方法 上顎第1小臼歯2本抜歯を伴うマルチブラケット 矯正期間 21か月
費用 748,000円(税別) 調整料 月1回 5,000円(税別)
概要

口がきちんと閉まらないのを気にされて来院されました。歯を抜かないでできるならとの希望でしたが口元を美しく仕上げるには最低限、上顎小臼歯2本の抜歯が必要と診断しました。矯正用アンカーを使用して、可及的に前歯を後方に下げるように行いました。口元がすっきりしてきれいなスマイルが仕上がりました。もちろん、口も自然に閉じられるようになりました。

  • 初診 2017.6.23
  • 矯正開始 2017.8.4
  • ファイナル 2019.5.31
  • 口元比較
  • 口元比較 横側

Case02凸凹と出っ歯を改善した症例

主訴 凸凹と出っ歯を治したい 診断 両側アングル2級の上顎前突
矯正方法 上顎第1小臼歯2本抜歯を伴うマルチブラケット 矯正期間 18か月
費用 730,000円(税別) 調整料 月1回 5,000円(税別)
概要

海外からの転医の患者さんです。日本で留学することになったので、治療の続きをしたいとのことでした。既に両側上顎第1小臼歯2本が抜歯されていました。上顎前歯は著しく前方に傾斜しており、審美的に大きな問題がありました。この状態からの治療計画なので、制限がありましたが、無事、上顎前歯を後方に移動し、前歯を噛ませて、素敵なスマイルを獲得できました。

  • 初診 2015.10.5
  • 矯正開始 2015.11.18
  • ファイナル 2015.10.5
  • 口元比較

Case03歯を抜かないで出っ歯を治したい

主訴 歯を抜かないで出っ歯を治したい 診断 両側アングル2級の上顎前突
矯正方法 ゴムメタルを用いたマルチブラケット 矯正期間 7か月
費用 690,000円(税別) 調整料 月1回 5,000円(税別)
概要

上顎前歯2本が出ているのを矯正するために来院されました。しかし、親御さんが抜歯はしないで欲しいという条件付きでした。非抜歯で出っ歯を治すのはある程度になります。それをご承諾の上、できるだけ上顎前歯を後ろに下げる矯正治療を行いました。劇的には変わっていませんが、出っ歯は改善し、患者さんにも親御さんにも大変満足していただけました。4年半後も変わらない状態を保てています。

  • 初診 2014.4.4
  • 矯正開始 2015.11.18
  • ファイナル 2015.10.5
  • ファイナル 2015.10.5
  • 口元比較
  • 矯正終了4年後 2018.12.11