Minor tooth movement

矯正治療は全部の歯を動かす、もしくは固定源として使うことが基本です。しかし、ほんの1部分以外は問題のない歯並び、噛み合わせの場合、部分矯正の適応になります。
できるだけ少なく、小さな装置で矯正治療を行えれば、費用と期間を大きく短縮できます。

部分矯正の
メリット・デメリット

  • メリット

    • 治療計画によって、最小限の装置で済む。
    • 治療費が比較的安く、治療期間が比較的短い。
  • デメリット

    • 噛み合わせを大きく改善することは難しい。
    • 固定源となる歯が少ないので、動かしたくない歯まで動くリスクがある。
    • 経年的に口腔内状況が変わると、再度、矯正治療が必要になるリスクがある。

部分矯正の症例紹介

Case01左側上顎側切歯の交差咬合の症例

主訴 左前歯の1本が内側に入っていて気になる 診断 両側アングルⅠ級 左上側切歯
矯正方法 上顎のみマルチブラケット 矯正期間 5か月
費用 290,000円(税別) 調整料 月1回 5,000円(税別)

    治療前

    矯正装置装着

    治療後

  • 治療期間5か月。見た目はきれいになっています。しかし、厳しく見ると、前歯はきちんと噛んでいません。下顎も動かせば、噛ませられますが、上顎部分矯正では限界があります。

Case02上下顎叢生のマウスピース部分矯正症例

主訴 下の前歯が凸凹して気になる 診断 両側アングルⅠ級 叢生
矯正方法 非抜歯矯正+マウスピース型矯正(インビザライン) 矯正期間 6か月
費用 490,000円(税別) 調整料 月1回 5,000円(税別)

    治療前

    矯正装置装着

    治療後

  • 治療期間6か月。部分矯正ですが、上下顎行っているので、噛み合わせもしっかりできています。必要最小限でコストパフォーマンスが高い治療と言えます。