オンライン矯正無料相談実施中

Column 矯正歯科治療コラム

歯を抜く?抜かない?の違い

現代矯正治療の歴史はアングル先生の非抜歯矯正から始まります。
非抜歯矯正とは矯正のための便宜抜歯を行わない(親知らずを除く)矯正治療法です。

当然、理想的な治療と言えます。
しかし、すべての人に非抜歯矯正をしたところ、うまくいかない人がいることがわかりました。
噛み合わせがしっかりしない、出っ歯が治らない、口元が出ているなどです。

そこで、第1小臼歯4本を抜歯する抜歯矯正をツイード先生が提唱しました。
すると、非抜歯矯正でうまくいかなかった症例がうまくいくようになりました。

このツイード法が現在の矯正学でメジャーな考え方です。

 

 

私は抜歯矯正、非抜歯矯正いずれもしますし、どちらも良い治療と考えています。ただ、どちらも適応症があります。例えば、重度の出っ歯を見違えるようにきれいに治したいなら、抜歯矯正が必要になります。ある程度でよければ、非抜歯矯正でもできます。初めに検査を行い、分析診断して、治療後イメージを共有します。あとは患者さんにどちらにするかは選択していただきます。

 

非抜歯矯正

私は基本的には非抜歯で行いたいと考えており、私が行う矯正治療全体の7割を占めます。
一期治療(児童期矯正)は非抜歯です。また、口元を引っ込める希望がない場合はほとんど非抜歯で行えます。
歯がガタガタ並ぶ原因の多くはスペース不足です。きれいに並べるにはスペースを作る必要があります。

① 歯列を拡大する

② 歯を後ろに移動する

③ 歯を外に倒す

④ エナメル質を少し削る

これらを行い、スペースを作った後に歯を配列します。ただ、どれも限界があるので、診断が大切になります。
長い人生を考えると、やはり歯の数は多いに越したことはありません。非抜歯矯正で治療ゴールが達成できないか、あらゆる角度から診断しています。

 

   

凸凹が重度であっても、歯を抜かずに行えることも少なくありません。

① 歯列を拡大する

② 歯を後ろに移動する

の2つを主に使って、スペースを作りました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

主訴:内側から歯が生えてきた

期間:12か月

費用:70万円(税別)

年齢:11歳、男

副作用リスク:指定された保定装置を着用していない場合、後戻りする可能性があります

治療:ワイヤー矯正

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(メリット)

  • 機能する歯を最大限保存することができる
  • 治療期間が短い傾向にある

(デメリット)

  • 口元の劇的な改善は見込めない
  • 歯の移動に制限があるので、出っ歯や正中のズレを治すのが難しい