唇側矯正なら福岡市西区の昭和歯科

H O M E

矯正治療の種類

矯正医の紹介

矯正無料相談

当院の症例

矯正治療の費用

アクセス

診療時間
矯正の種類

一般成人矯正で最もポピュラーな唇側矯正治療

成人矯正・第2期治療

一般に「矯正治療」でイメージされる代表的なものが唇側矯正治療です。

歯の表面(唇側の外から見える部分)にマルチブラケットといわれるボタンを貼ります。

マルチブラケットには種類があり、前歯部が白く、目立たないものを選択できます。

ブラケットにワイヤーやゴムを使って力を加え、歯を動かします。

第2次成長期後の成人矯正・第2期治療によく使われます。

 

<唇側矯正装置の特徴>

矯正方法として、最も古くからある方法です。

しかし、装置はどんどん開発され、様々な症例に合った装置があります。

(利点)
・最も一般的なので、症例の適応範囲が広い。
・装置の種類も豊富で費用が安い。
・やりやすさ重視のため、治療期間が短い。
・固定式装置のため、患者さんの協力度への依存性が低い。
(留意点)
・外から見えるので、審美的ではない。
・固定式装置のため、清掃性が悪い。
 

<唇側矯正の流れ>

1.矯正前検査・分析診断
矯正治療だけでなく、歯科治療において最も重要なのは診査診断です。
全顎矯正になる場合はセファロ分析を伴った分析診査が必要です。
詳しくは⇒ 矯正前精密検査と分析
分析結果に基づき、また、患者さんの希望とすり合わせて、治療計画を決定します。
症例は上顎前歯が出っ歯なのと、下顎小臼歯部が凸凹なのが主訴でいらした患者さんです。
初診時
2.矯正装置装着、動的治療開始
歯の表面にマルチブラケットという装置を接着します。
ブラケットにワイヤーやスプリング、ゴムなどを付けて歯を移動します。
治療中は月1,2回の受診になります。
治療開始5か月 治療開始1年8か月
3.矯正治療終了、保定
治療が終了したら、装置を全て除去します。
後戻りを防ぐため、保定装置を装着します。
治療終了時

福岡県福岡市西区徳永913-1
筑肥線 九大学研都市 徒歩6分

福岡市西区

矯正無料相談開催

矯正無料相談
092-807-6912
できるだけ敷居を下げるため、矯正無料相談を行っています。お電話で「矯正無料相談」とご予約ください。
矯正医紹介

2人の矯正医がチームで診査診断、治療を行います。

ムーシールド
ムーシールド矯正
小児における反対咬合、受け口の治療です。最も早く始める矯正治療です。
昭和歯科医院

昭和歯科医院の総合

ホームページです。

矯正治療の費用

矯正治療の費用
  1. ・ 矯正治療前検査
  2. ・ 唇側矯正
  3. ・ マウスピース矯正
  4. ・ 舌側矯正
  5. ・ 部分矯正(MTM)
  6. ・ 挺出
  7. ・ ムーシールド
  8. ・ リンガルアーチ
  9. ・ 床矯正
福岡審美歯科

福岡の審美歯科

専門サイトです。

福岡ホワイトニング

福岡のホワイトニング

専門サイトです。

福岡インプラント

福岡のインプラント

専門サイトです。

症例

昭和歯科で行っている矯正治療

当院の症例を経過も含め、ご紹介します。

矯正治療のイメージが沸けば幸いです。

 

症例1

治療期間1年以内の全顎矯正

上下叢生と交差咬合を唇側矯正にて短期間に改善した症例です。

 

症例1

王道の小臼歯抜歯全顎矯正

上下顎が出っ歯のため、抜歯を伴う全顎矯正を行いました。

 

症例1

正中離開にマウスピース矯正

マウスピース矯正にて前歯の隙間を審美的に改善した症例です。

 

症例1

アンカースクリューの部分矯正

叢生と交差咬合にアンカースクリューを用いた部分矯正です。

 

症例1

内側傾斜した歯の部分矯正

1本の舌側傾斜を下顎の部分矯正で対応した症例です。

 

症例1

支台歯を部分矯正で整直

ブリッジの支台歯をアンカースクリューで整直舌症例です。

 

症例1

6歳の反対咬合(受け口)治療

ムーシール装着7か月で反対咬合が治った症例です。